So-net無料ブログ作成
検索選択

ソクラテス 有名な名言「無知の知」の本当の意味とは? [学び]

Sponsord Link





ソクラテスの名言 無知の知の意味

哲学の木.jpg

古代ギリシャの偉大な哲学者ソクラテス


哲学者プラトンの師匠でもあり

ソクラテスの没後、プラトンを通じて

そのが哲学が後世に伝えられ、

西洋哲学の主流となりました。


そのソクラテスは、

死刑宣告を受けて、獄中で毒を飲んで亡くなりました。


衝撃的なのですが、

なぜ死刑宣告を受けたかというと

ソクラテスの名言「無知の知」に関係があるのです。

当時、ソクラテスは、現在のギリシャのアテネ

精力的に活動をしていました。


その活動で、アテネ市民に、

対話的問答を通じて

相手に無知ということを

自覚させようとしたのです。


ソクラテスは、

「賢い者ほど、無知であることを自覚しよう」

ということを伝えたかったのです。


しかし、その活動は、アテネ市民には受け入れられずに

そして、告発されて、時の権力者から死刑宣告を受けたのです。


その時、ソクラテスの弟子たちは脱獄を勧めたのですが

ソクラテスは「悪法も法」だと言い死刑宣告を受け入れて

死刑執行として、毒を飲んで亡くなったのです。


そのソクラテスの有名な哲学、名言


「無知の知」とはどうゆう意味が隠されているのか?


ということになります。


簡単に言えば、この名言は

「自分は何も知らない」ということを自覚すれば、

それだけで、他の人よりも優れているんですよ

という考えになります。


なぜそうなるかというと、

「自分は何も知らない」という

「謙虚さ」を持ついうことです。


得てして、人は、

他人に対して、優位に立ちたがり

知ったかぶりをしたりしてします。


知ったかぶりをしてしまうと

人の成長はそこで止まってしまいます。


深く考えもしないし、思考が停止してしまうのですね


「自分は何も知らない」ということを自覚していれば

そこから、物事をよく知りたいという探究心が生まれて

学問が発展していき、未来が開けていくというんですね。


哲学とは、学問の入り口ですから。


今の思いこみを改めて、

哲学や学問の基本姿勢を示した言葉が

「無知の知」になるんですね。


ここで、「自分はバカだ」とか「頭が悪い」とか

という意味では決してなくて、

「自分には知らないことがある」と自覚することで、

成長するということなんです。


そして、

「自分の知らないことを他の人は知っている」

と自覚することで、

人への謙虚な気持ちや感謝の心が育まれる

というわけになるのです。


哲学というと、難しく感じるかもしれませんが

人生には、さまざまな事や問題がありますが

そのことに対して、

「正しい答えを与える」

というような学問になります。


そのような意味で、

「無知の知」というソクラテスの名言に

従って、行動することで

人生が開けてきたり、

人生の正しい歩き方が見えてくるのではないでしょうか(^^


本当に意味するところは、これをご一読してみることをお勧めします。

文字が大きくて読みやすかったですよ。

 

ソクラテスの本の詳しくはこちら↓




Sponsord Link



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。